青い着物 琴現在の日本では、女性の多くは成人式に振り袖を着ています。日本の着物の歴史は古いですが、振り袖を着るようになったのは江戸時代に入ってからと言われています。振り袖は、袖が長くなっているのが特徴で、現在のように未婚女性の正装として庶民に定着したのは、明治時代に入ってからと言われています。また、既婚女性の着物の正装は袖の短い留袖となります。現在では洋装が一般的となっていますが、結婚式などに正装として振り袖を着る女性もいます。着物の歴史と種類日本人が着物を着るようになったのは平安時代の頃と言われています。時代の経過と共に様々な変化を遂げていますが、現在でも多くの種類があります。既婚女性が着る正装の留袖には、黒留袖と色留袖があります。黒留袖は着物の中に5つの家紋が入っています。色留袖は既婚、未婚問わずに訪問着としても着られています。正装以外で着られるものは、小紋と言われる全体的に模様が入ったものが多くなっています。素材も様々で浴衣などもあります。 ...
和室 着物最近では洋装が一般的になり、結婚式や成人式などでしか振り袖や留袖を着ないと言う人も少なくありません。振り袖などは高額な物が多い上に、帯や襦袢など一式を揃えると費用も掛かります。現在では和服をレンタルしてくれるところもあり、成人式や結婚式の時に借りる人も増えています。インターネットで注文できるサイトもあります。年に数回しか着る機会がない人はレンタルの方が経済的ですし、手入れも必要ないのがメリットと言えるでしょう。着物は日本の美着物は日本古来の民族衣装で、その美しさは他国の衣装と比べても、際立った高貴な雰囲気を持つ素晴らしいものです。洋服は、体の曲線に合わせて縫製されますが、着物は直線で縫製され、着付け時に体型に合わせて調整します。冠婚葬祭の衣装というイメージが定着してきた着物ですが、昭和初期までは、誰もが着られる普段着でした。帯や小物使いによって、着こなしの雰囲気が変わります。きちんと着つけられた姿は、しなやかで凛とした強さを持つ、日本女性を象徴しています。 ...
お参り 着物未婚女性の第一礼装としての着物が、振り袖です。未婚の女性らしく華やかな絵柄で、袖が長いものですが、結婚後は、袖を短く仕立て直し、色留袖として利用する風習がありました。最近は、有名デザイナーの個性的なデザインも多く発表されており、着付け時の帯結びも華やかで、ドレス感覚で着る方が多くなっています。成人式には、多くの女性が振り袖を着るように、普段着は洋服でも、ドレスアップには、日本古来の美しい振り袖が見直されています。 ...
境内 着物成人式や卒業式の時期には、美しい振り袖や袴姿の初々しい方々をよく見かけます。新たな門出を祝う重要な衣装ですが、購入するとなると、高額な買い物となるため、レンタルを利用される方が多くなっています。着用回数も僅かなものですから、リーズナブルに利用できるレンタルはとても利用価値の高いものです。成人式のレンタル衣装はかなり普及していますが、子供の七五三や卒業式で着用される袴も小学校から需要があり、幅広いレンタル衣装は私たちの生活に欠かせないものとなっています。 ...
カレンダー
September 2016
M T W T F S S
« Jun    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ
カテゴリー